生きやすい人を増やすための働き方のブログ

サーチコンソールの初期設定方法

今回はサイト分析に欠かせないグーグルサーチコンソールの初期設定方法を紹介します。

実際の画面に沿って進めていくので、初心者の方でもゆっくりやればできるようになっています。落ち着いて操作を進めてさっさと終わらせてしまいましょう。

グーグルサーチコンソールの利用にはGoogleのアカウントが必要です。

この記事はGoogleアカウントを所有済みという前提で話をしています。

グーグルサーチコンソールにログイン

まずはサーチコンソールにログインをします。

[jin-button-flat visual=”” hover=”down” radius=”50px” color=”#54dcef” url=”https://search.google.com/search-console/about?hl=ja” target=”_self”]サーチコンソール[/jin-button-flat]

サーチコンソールログイン画面

「今すぐ開始」をクリックします。

メールアドレス入力画面

メールアドレスを入力します。

パスワード入力画面

パスワードを入力します。

サーチコンソールの設定画面1

ログインしてこのような画面が表示された場合は「URLプレフィックス」を選択します。

サーチコンソールの設定画面2

所有権の確認を求められます。おすすめの方法に「HTMLファイル」が出てきますが、その下にある「その他の確認方法」の中から「HTMLタグ」を選択します。

するとメタタグが表示されるので「コピー」を押します。

「完了」はまだ押さない

で、メタタグを<head>セクション内の<body>セクション前に貼り付けるのですが、初心者には全く意味不明な言葉が羅列されます。

当サイトのようにWordPressのテーマでJINをお使いであればその設定は超簡単です。

ブラウザで新しいタブを開いてWordPressを開きましょう。

WordPressでサーチコンソールのメタタグを設定

JINでメタタグを設定する

ダッシュボード内の「HTMLタグ設定」から「【head内】」の部分にコピーしたタグをペーストするだけです。「変更を保存」を押し忘れなく。

保存したら再びサーチコンソールの設定画面に戻ります。

サーチコンソールの設定画面2

この画面に戻ったら「完了」をクリックします。

所有権の確認画面

「所有権を自動確認しました」と表示されたら終了です。

まとめ

ブログを運営しただけデータが蓄積されていきます。データを元に改善し、日々より良いサイト運営に取り組んでいきましょう。