生きやすい人を増やすための働き方のブログ

【THE THOR】記事内の最初のhタグの直前に目次を設定する方法【プラグインなし】

  • 2021年5月8日
  • 2021年6月11日
  • THE THOR

こんにちは、ミスターパインです。

この度、WordPressのテーマを国内最高峰の SEO 最適化 WP テーマ 【ザ・トール】に乗り換えました。

THE THORはカスタマイズの幅が広くていいのですが、使える機能が多い分の欠点もあります。

それが長く愛用したテーマから乗り換えた人やカスタマイズの要領すら得ていない初心者には使いにくいという点です。

そこでこのブログ内ではTHE THORのカスタマイズ記録を残しながら、THE THORを布教したり、THE THORのカスタマイズで悩んでいる人のお役に立てたらと思います。

今日のテーマ:プラグインなしで記事内に目次を設定する
今回は記事内に目次を設定する方法です。
目次は読者が記事を読み進める前に「この記事には自分が書きたいことが書かれているか?」を確認するのに役立ちます。
Mr.パイン
スクロールした結果「おい、知りたいことが書かれてねえよ」とイラッとされないために、目次を設置しておくことをおすすめします

THE THORはプラグイン無しで目次が設置できるおすすめテーマ

自分で自在にコーディングできる人を除いて多くの人が目次を設置する方法は

  1. テーマの能力に頼る
  2. テーマに実装されていなければプラグインに頼る

だと思います。

THE THORは目次の設置にプラグインが不要

既述の通り、記事の序盤で目次を設置しておくことで、読者に記事の概要を伝えることができます。

しかし目次の設置が有効だからといって、有効化するプラグインはできるだけ少ない方が助かります。

THE THORならプラグイン無しで目次設定ができます。

しかも必要な人だけ見れるように折り畳める

ここまで読んでくれた方はもう目にしたと思いますが、THE THORの目次は折りたたんで設置しておくことが可能です。

読者の中には「目次うぜえ」「どんだけスクロールさせるんだよ」「本文入る前に読むの疲れたわ」という人もいます。

そのような人に目次の存在がうざがられず、必要な人にはちゃんと届く。

プラグイン無しでTHE THORの記事内で目次を設定する方法

THE THORの目次設定手順は以下の通りです。

  1. ダッシュボード内の「外観」→「カスタマイズ」
  2. カスタマイズ内の「投稿ページ設定【THE】」→「目次設定」
  3. 内容を変更したら「公開」を押して設定を保存する

目次を表示するか選択

「目次を表示するか選択」の項目は文字通り、表示するかしないかを選びます。

デフォルトでは「表示しない」が選択されているので「表示する」に変更します。

目次を表示するための最小見出し数を指定

正直ここは何を指しているのかよくわかりませんでした。

最小値は「0」ではなく「1」なので、1にしておいて問題はありません。

重要なのはその次です。

目次に表示する見出しのレベルを指定

目次はhタグと連動して表示されます。

この項目の最小値は「2」となっており、最小値のままだと本文中に設置したh2タグの見出しのみが目次に表示されます。

以下同様に数値を3にすればh3タグ、4にすればh4タグと細かな改装まで表示させることができます。

当ブログでは3に設定してあります。

目次パネルをデフォルトで閉じておく

この項目にチェックを入れておくと、記事内の最初のh2タグ直前に設置した目次が小さく折り畳まれた状態に変わります。

この記事も同じ設定になっているので、ぜひ確認してみてください。

こうしておけば目次を見たい人には目次の存在を知ってもらえて、見たくない人にはうざがられないという双方にとっていい設置の仕方ができます。

まとめ

今回はプラグインを使わずに記事内の最初のh2タグ直前に目次を設置する方法を紹介しました。

【THE THOR(ザ・トール)】はプラグイン不要で目次パネルが設置できる数少ない優良なWordPressテーマです。

コンパクトに折り畳める目次を設置して、目次で内容を確認したい人にも、目次のスクロールをしたくない人にも優しい記事を届けられます。

新しくテーマの購入する人や、テーマの変更を考えていた人はぜひTHE THORの導入を検討してみてください。