生きやすい人を増やすための働き方のブログ

アフィリエイトの成果が出やすい広告と売れやすい商品の選び方

こんにちは、ミスターパインです。

ASPへの無料登録は終わりましたか?

今回の内容はASPに登録してあることが前提になりますので、まだの人は一個前の「ASPに登録をして商品やサービスを探したり広告を貼ったりしてみよう」という記事から読んでみてくださいね。

関連記事

こんにちは、ミスターパイン(mr_pine_8)です。 スーパーの広告でパインが載っているとテンションが上がります。 Mr.パイン 台湾パイナップルはもう食べましたか? [itemlink post_id="73[…]

おすすめASP
今回のテーマ:売れる広告と商品の選び方

ブログを書いて広告貼っておけば売れると思い込んでいる人がいますが、大きな間違いです。

なぜならアフィリエイトは「記事を書く→広告を貼る」ではなく「広告を選ぶ→広告にあった記事を書く」からです。

あなたは何を売りたくて、ブログを書いていますか?

今回はアフィリエイトで成果を出すための広告の選び方と、売れやすい商品について初心者向けに解説します。

アフィリエイトで成果が出やすい広告の選び方

まずは広告の選び方から解説です。

知名度・人気の高い商品を選ぶ

鉄板ですね。

人は「よくわからないもの」には100円でも払いたくないと考えます。

例えばダイエットに関する記事を書こうと思った場合、ライザップという名前はテレビCMでもよく見かけます。

最近は芸能人のビフォー・アフターの様子も採用されていて「またこのCMだ」「こんなに変化するのかな?」「あの人もライザップで痩せたのか」というイメージが根強くなっています。

そんな中で「ダイエットにおすすめなのがパインザップ(そんなのない)です」とか紹介しても「知らない」「怪しい」「効果出るの?」と思われて終了です。

まずは誰でも知っている商品、そのジャンルで人気の高い企業などを選ぶのがマスト。

アフィリエイト以外でもよく見かける広告を選ぶ

私たちは普段生きているだけで、そこら中で広告を目にします。

電車の吊革、雑誌の裏表紙、テレビCM、YouTube、Facebook、Instagramなど。

ASPの中を覗けば多数の広告が用意されていますが、実際にどんなものを扱うかはアフィリエイトサイト以外でもよく見かける商品やサービスを選ぶことをおすすめします。

「広告がよく見かける=広告費をかける予算がある=売れている」からです。

逆を言えばASPに登録しているけど、ほとんど広告を目にしない商品は認知度が低すぎるので、初心者がおすすめするにはハードルが高すぎます。

自分が本当におすすめできるものを選ぶ

これも当たり前の部分ですが、人にすすめられないものはブログでも貼るべきではありません。

もし自分の家族や親友が悩んでいるときに「こういうの使ってみたら?」とテキトーなことが言えますか?

こうなると「自分が使ったことないものはすすめちゃいけないのか?」と思われるかもしれませんが、そこはそんなことなくて、商品知識があればOKです。

もしあなたの大切な人がニキビで悩んでいたら、あなたにニキビがなくてもニキビの原因や予防策などを親身になって考えてアドバイスするはず。

アフィリエイトとはそういうことです。

アフィリエイトで売れやすい商品の選び方

ここからは商品の選び方についてです。

上記の条件に当てはまる企業が見つかったら商品ページや詳細を必ず確認します。

購入までのアクションが少ないもの

インターネットで買い物をしようと思った時に入力する項目が多すぎて途中でめんどくさくなたり、確認事項が多すぎて嫌になってページを閉じた経験はありませんか?

どんなにいい商品でも、ページ上での操作が多すぎると離脱率が高まります。

扱う商品はトップページから決済までどのような流れかを確認しましょう。

スマホに対応しているもの

企業の商品ページを確認する際はスマートフォンを使うのがおすすめ。

現代はパソコンよりもスマートフォンで買い物や調べ物をする人が圧倒的に多数だからです。

それなのに、あなたが紹介したい商品ページはスマホで見た瞬間に見た目が崩れたり極端に見にくく操作しにくい画面では、せっかくクリックされても購入されにくいです。

余談ですが、自身のブログも定期的にスマートフォンで見た目を確認して、より見やすいデザインを追求していくといいですね。

利用期間の縛りの有無や条件が明記されているもの

例えば格安SIMやポケットWi-Fi、化粧品などの定期購入の場合「最低◯ヶ月の利用が必須」「契約更新付き以外の解約以外は違約金が…」などがあると購入する際に不安が増します。

期限の縛りがあるから取り扱いがNGとか売れないわけではなくて、事前に記事の中できちんと紹介しておけばOK。

都合のいいことだけ書いて商品ページに移動して「え?思ってたのと違う」ってなると、契約してもらえないだけでなく、あなたのサイトの信憑性にも影響する可能性があります。

返金保証の有無や条件が明記されているもの

利用期間の縛りと同様に返金保証の有無があるのかの確認も重要です。

返金保証があるのかないのか、期間はどのくらいか、返金される場合の条件はどんなものかを把握しておく必要があります。

このような条件を含めて、紹介する商品のことをふかく理解する努力は、とても重要です。

抽象的な言い方と主観で申し訳ないですが、記事の執筆に誠意として現れると思うからです。

しっかり調べて勧められているものは内容が充実しているし条件等が明確であることが多いのに対し、テキトーに書かれたものは重要なことや知りたいことが抜けていたり、どこか濁し気味になっています。

自分の執筆で気をつけるのはもちろん、企業の商品ページにも曖昧なことはないか事前にチェックしましょう。

芸能人がイメージキャラクターとして採用されているもの

芸能人がイメージキャラクターとして採用されていると「この女優さんみたくなりたい」とか「この人が使っているものを使いたい」という思考が働き、購入のハードルが下がります。

広告費の件でも話をしましたが、芸能人を採用できるということも広告にお金をかける予算がある、つまりよく売れている商品だということです。

よく売れている商品はレビューや口コミも多く、利用者の声を拾いやすいという副次的なメリットもありますので「実際に使っている人の感想が知りたい」と思っている読者の悩みを解決できる可能性も高まります。

多くのアフィリエイターによく使われている広告

「利用者の声」から少し話を広げると、世の中の多くのアフィリエイトサイトで紹介されている広告であるか?も重要です。

多くのアフィリエイターが紹介している=売れやすい商品だからです。

初心者のうちはいろんなサイトを徘徊して「あ、またこの商品紹介されている」「この広告どこのASPだろう」と研究するのも重要。

そして定期的にASP内の広告にもよく目を通して、自分が紹介しやすい商品やサービスウィ探す時間も大切です。

まとめ

今回は成果の出やすい広告選びと売れやすい商品の選び方をテーマに書きました。

ASPで広告を探すときは知名度や人気の高いもの、その他の媒体でも見かける広告、自分がおすすめできるものを探すことが重要です。

そして実際に商品を紹介する前には実際に企業の商品ページへ飛んでみて

  • スマホで操作しやすいか?
  • 決済までの操作は多くないか?
  • 返金保証や利用期限の有無や条件はどんなものか?
  • イメージキャラクターはいるか?
  • 他のアフィリエイターも使っているか?

などを確認すると、売れやすい広告や商品を選べるようになりますよ。

Mr.パイン
ちょっと慣れてきた時ほど「売りたい」が強くなるので注意!読者のためになっているか?を何度も振り返って改善していきましょう
ASPのアフィリエイトが売れない時はAmazonアソシエイトに注力することもおすすめです。以下の記事で詳しくまとめているので、伸び悩んだ時にでも見返してみてください。
関連記事

こんにちは、ミスターパイン(mr_pine_8)です。 アフィリエイト、難しいですよね。 今回のテーマ:ASPアフィリに悩める人はAmazon推しで A8.netやバリューコマースなどのASPに登録をして、紹介できそうな商品や広告[…]

アフィリエイトは稼げない時

セールスの勉強におすすめの書籍

物を売るためにはセールス知識が必要ですので、過去に読んだ中で特におすすめの本を3冊置いておきます。