Google関連

Googleアナリティクスの初期設定方法【トラッキングコード取得から設置まで】

アナリティクス設定方法

こんにちは、ミスターパインです。

ブログ始めたての頃、自分のサイトへのアクセスの少なさに震えました。

この記事では

  • Googleアナリティクスの設定方法

について紹介します

ミスターパイン
ミスターパイン
見ながらやれば簡単にできますよ

Googleアナリティクスの初期設定方法:トラッキングコードの取得

まずはトラッキングコードを取得します。

要はIDみたいなものです。

アナリティクスの画面

初めてGoogleアナリティクスへアクセスするとこのような画面になると思うので「無料で設定」をクリックします。

設定画面

アカウント名はわかりやすいものを設定してください。

後から変更も可能です。

チェック画面

チェックマークは全て入れたままでOK。

「次へ」をクリックします。

プロパティ設定画面

続いてプロパティの設定画面です。

プロパティも同様にわかりやすいもの(ブログタイトルなどが推奨)を設定します。

後ほど変更可能です。

タイムゾーン、通貨などを日本と設定したら左下の「次へ」をクリックします。

ビジネス情報入力画面

続いてビジネス情報を入力します。

ビジネス情報の入力画面

アナリティクスの使用目的を入力します。

完了したら「作成」をクリックします。

データストリーム画面

続いてデータストリームを作成します。

ブログサイトの人は右の「ウェブ」を選択します。

ストリーム入力
  1. http:// もしくは https://を選択
  2. サイトURL入力
  3. ストリーム名(ブログ名などでOK)を入力
  4. 「ストリーム作成」をクリック
作成されたトラッキングコード

測定IDが作成されました。

続いては、作祭された測定IDもしくはグローバルサイトタグをブログに設置する方法を紹介します。

Googleアナリティクスの初期設定:トラッキングコード設置方法

 

<head>タグの中にグローバルタグを設置する方法

トラッキングコードのコピペ

測定IDが作成された画面のやや下の方に「グローバルサイトタグ(gtag.js)」という項目があるのでクリックします。

するとコードが表示されるのでここをコピーして、ブログの<head>タグの先頭に記入するだけです。

「プログラミングの知識いるやんけ…」って思った初心者の方は、お使いのWordPressのダッシュボードをご覧ください。

測定コードのペースト画面

「HTMLタグ設定」という感じで、こういったコードをheadやbodyに書き込む補助的な機能を盛り込んでくれているテーマがあります。

ここにペーストして保存するだけ。簡単。

プラグインを使って設置する方法

「俺のテーマにそんな機能なかった…」と膝から崩れ落ちそうになっている人は諦めないで。

All in One SEOというプラグインを使って簡単設定しておきましょう。

測定ID設定画面

画面上のツールバーの「SEO」の項目からGoogleアナリティクスの項目を探し出して測定IDを入力するだけ。

作成されたトラッキングコード

測定IDとは「G-xxxxxxxxxxxxxxxxxx」の部分です。

ここをコピペするだけ。簡単。

Googleアナリティクス初期設定方法まとめ

ということでアナリティクスの初期設定方法についてまとめました。

日々ブログのデータを観察しつつ、改善につなげましょう。