生きやすい人を増やすための働き方のブログ

ブログアフィリエイトで稼ぐの無理だと言う人に不足していることは一つだけ

こんにちは、ミスターパインです。

毎日ブログのこと考えています。

今回のテーマ:ブログアフィリで稼げない人に不足しているもの
ブログで稼げると言う言葉を聞いて始めてみたものの、思うように収益が生まれなくて悩んでいませんか?
このまま続けていても、アフィリエイトで食って行くのは無理じゃない?
収益が伸びないブログに時間を費やしていていいのか?
とお悩みの方向けに記事を書きました。
ブログアフィリエイトで稼げない理由は明確です。
作業量が不足しているから
データをもとに分析や改善をしていないから
詳しく解説します。やや辛口です。

「ブログアフィリエイトで稼ぐの無理」という人は作業量が不足している

ブログで稼ぐために、時間を費やしていますか?

脱初心者のためには1000時間が必要

1時間〜:入門者
100時間〜:初心者
1000時間〜:中級者
10,000時間〜:上級者

ブログで稼ぎたければ、まずは中級者を目指しましょう。

1日12時間やれば3ヶ月、1日5時間半やれば半年で中級者です。

世の中でたまに見かける短期間で驚くほどの成果を出している人のほとんどが、1日10時間以上作業しているはず。(少なくとも何かに一生懸命になっている友人知人はそうです)

なお、時間を費やして同じ「上級者」や「プロ」の中に入っても、成果を出している人は圧倒的に努力をし続けています。

プロの中のプロの意識の高さと差がつく理由がよくわかる動画→https://www.youtube.com/watch?v=mp9WuxiSHiE

「量より質が大事」と言い訳をしてもOK

ちょっと寄り道的な話ですが、量が足りないと言うと「質の方が大事」と言われます。

それは半分正解で半分間違っています。

確かに質の低いことだけ繰り返していても、あまり成果にはつながりません。

しかしいきなり質の高い努力ができますか?

質の高い努力のためにはまず量が必要。

量やればある程度上達します。

上達した状態で思考が働いて質が高まる工夫が生まれます。

上達していないのに効率化ばかり狙っても…成果は見えていますよね。

しかし、質を重視して量を減らしたいならそれでもOK。

要は自分がどうしたいかです。

毎日1時間で1000日かけても、1日5時間半かけて半年で1000時間達成するのも自由です。

作業に学びは含まれない

ここでいう1000時間はブログで稼ぐための勉強をしたり、本を読んだりする時間は含みません。

実際に記事を書き、振り返り、改善した時間です。

「学ばなくていいのか?」と言われるかもしれませんが、そういうことではありません。

学びは常に行動とセットで成長につながります。

サッカーが上手くなりたい人がサッカーの技術書を読んでも上手くなりません。

上手くなるヒントを得て、実践した時間が大事なのと一緒です。

自分のブログと向き合う時間が大切。

時間がない人におすすめの時間捻出術

やるべきことに時間を割くためには、やらないことを決めることです。

  • 今までより朝早く起きる
  • 今までより夜遅く寝る
  • テレビを見る時間を減らす
  • スマホを触る時間を減らす
  • ゲームをする時間を減らす
  • 漫画を読む時間を減らす
  • 通勤時間を減らす

など、できることからやってみてください。

ただし、朝早く起きて夜遅く寝るのはあまり推奨しません。

睡眠時間は脳の働きに影響するからです。

朝方か夜型かの違いがあると思いますので、体を壊さない範囲でお願いします。

作業量が増えるとブログアフィリエイトで稼ぐのが無理な理由が減らせる

作業量が増えたら、データの分析をしてデータに基づいて改善しましょう。

作業量が増えると共に増えるもの

作業量が増えると以下も増えます。

  • 経験値
  • 積み上げた記事

手を動かして記事を積み上げると、そこには継続した経験値と共に記事のデータが残ります。

これは財産。

継続したブログには、改善のために必要なデータが詰まっています。

しかし継続していないブログには、必要なデータが足りません。

10記事書いた中の3記事と、100記事書いた中での30記事では同じ3割でも深さや濃度、信憑性も違う。

しかし記事数だけに頼るのも違う。

やはり費やした時間。

テキトーに30分で書いた記事が100記事あっても無意味。

ブログアフィリエイトは誰でも稼げることがわかる

ブログアフィリエイトは誰にでも稼ぐチャンスがあります。

しかしブログを書けば全員稼げるわけではありません。

何も考えずにただやればいいのではなく、正しい努力を継続した人には誰にでもチャンスがあるという話です。

作業量が増えたのに成果が出ていない人は、やり方が間違っています。

  • キーワードを考えていますか?
  • キーワードから推測される読者の悩みを考えていますか?
  • 読者のためになる記事を書いていますか?
  • 自分の書きたいことを書いていませんか?

1000時間の作業で蓄積されたデータをもとに、自分のサイトの状態を振り返ると改善点が炙り出されます。

まとめ

アフィリエイトはやればできる。

できていないのはやっていないからです。

その道で食って行きたいなら、並大抵の努力では不可能。

ちょっとやればできるという認識は、その対象物を見下しているときにおきます。

真摯に取り組もう。